詳細情報

FileSignは、オンライン上で流通する電子データが改ざんされてないこと、原本であることを証明する画期的な電子署名システムです。
 

電子データはメールに添付して送信したり、それを再利用して新しくファイルを作ったりと非常に便利な反面、 「誰が責任を持っているのか」「本当に原本なのか?(改ざんされていないか)」を確認する方法がありません。
いくら文章に印影データを貼り付けても法的には全く通用しません。
書類を作成するのにワープロソフトなどを利用するのはもはや当たり前ですが、捺印する為にプリントアウトしているのが現状ではないでしょうか?
上の書類に捺印したものと同じように、法的に通用し、改ざんも許さない。
そんなツールがあれば、紙資源の節約にもなるし、非常に便利だろうとは誰もが思うことでしょう。
そんな皆さんの夢を叶えるのが電子署名ツール「FileSign」です。

FileSign導入前・導入後

平成13年4月に施行された電子署名認証法によって、従来の印鑑に代わるものとして利用でき、安心で安全なオンラインデータのやり取りを実現します。

 
特徴
 

1.あらゆるデータに署名できます!
電子署名と言えば、PDFデータに埋め込むタイプが主流でしたが、FileSignはWord、Excel、PDF、CADデータ、画像データ、音声データなど、あらゆるデータ形式のファイルに対して電子署名を行えます。

2.まとめて署名出来ます!
関連する複数のデータをひとまとめ(書庫)にして署名出来るので、便利です。

3.複数の人が署名出来ます!
同じファイルに対して、複数の人が署名することが出来るので、見積りや稟議書の決済にも使用出来ます。

4.操作はとても簡単!
署名操作はクリック2回だけでOK。パソコンの操作が苦手な方でも、簡単に電子署名を行うことが出来ます。

5.検証ソフトは無償で提供!
届いたデータに改ざんが無いかどうか、署名に使用した証明書の有効性をカンタン・スピーディーに検証することが出来ます。
検証ソフトは無料で提供しているので安心です。

 
活用例

1.電子契約に
これからの契約は電子的に行われます。従来の印鑑に替わるものとして、契約当事者双方でFileSignを使って電子署名を行えば、作成した契約書に法的な責任を問うことができる信頼性のある電子ファイルとなります。電子契約では印紙が不要となっていますので、印紙代や郵送料などを大幅に削減することができます。

2.オンライン取引に
電子署名を使ってやりとりを行えば注文内容に個人の責任をすらすすることができます。無用なトラブルを回避する手段として大きな効果を発揮します。さらに見積書、発注書、発注請け書、請求書など、一連の商取引に必要な書類を全て電子化することができますので書類発送の為の郵送コストを削減することが可能となります。

3.OFFICEで
認め印の代わりとしてFileSignを利用します。社内の稟議システムや回覧などに利用すれば、もう社内でのスタンプラリーは必要ありません。ネットワークに接続すれば遠隔地の上司からもすぐに承認をもらうことが可能になるでしょう。

4.役所や電子政府への申請書類に
電子政府・電子行政構想が進む現在、平成16年1月から各自治体より公的個人認証カードの発行がされるようになりました。E-TAXも開始され、確定申告なども電子的に行われはじめています。今後行政への申告などはネットワークを介して行われることになるでしょう。電子署名はそれらを実現する必須の技術です。